国際

国際的に通用する人材育成を目指し、留学、海外研修、国際学会発表などを積極的に推進しています。

SOJO-UTPジョイントセミナー

本学の協定校であるマレーシア、ペトロナス工科大学(UTP)と2011年から毎年、ナノとバイオの領域に関する研究交流や情報交換を行っています。 また、2013年からは学生の教育を目的とし、開催地をUTPと崇城大学で交互に替えながらジョイントセミナーを開催しています。
毎年約20件の口頭発表を行いますが、その中で6件程度は、両国の学生が発表します。
ジョイントセミナーをきっかけにUTPと崇城大学間の共同研究も活発化しています。

自立型海外研修

グローバルな人材育成の一環として、ナノサイエンス学科3年生の正規科目「学外実習(工場見学)」で、希望者に対して海外研修を2015年度から実施しています。 この研修は、参加者が自らルートを立案し、国際航空券とホテルの予約を行うことが必須条件となっています。 また、数名の学生グループだけで海外に渡航し、先に到着した指導教授が待つ外国の地に集合することで学生の自律性を育む教育としています。 開始初年度には、16名の学生がタイ国バンコクに滞在し、現地日系企業訪問などの研修を行いました。 また、同様の自律型研修として、台湾国高雄市の研究所および義守大学(協定校)への訪問を目的とした研修にもナノサイエンス学科から5名が参加しました。
近日動画公開予定

国際学会発表

大学で行った研究成果を専門分野の国際学会で積極的に発表するように指導しています。 この2年度にわたり、大学院応用化学専攻(ナノサイエンス学科の上位組織にあたる)の修士課程に在籍する2年生は、SOJO-UTPジョイントセミナーや韓国で開催された国際学会に参加し、全員が英語での研究発表を経験しました。

留学:国際交流センター

学生を海外に留学させたり、海外からの留学生を受け入れたりすることで、国際的に通用する人材を育成しています。
現在、工学部ナノサイエンス学科、大学院応用化学専攻には複数の留学生が所属しています。
2015年度にはUTPより2名の学生が交換留学生として6か月間研究のために滞在し、UTPから来訪した1名の大学院生も2週間滞在して集中的に研究を行いました。 逆に、本学大学院生が交換留学生として3か月間UTPで研究を行ってます。

PAGE TOP